看板をデザインして宣伝しよう

デザイン性に優れた看板は、一度設置すると長期的に歩行者やドライバーの目につくため効果的な宣伝方法です。

宣伝効果の高い看板デザインとは

no.1

文字よりもビジュアルを重視する

宣伝効果の高い看板は、文字よりもインパクトの高いビジュアルを重視するのがポイントです。

no.2

訴えかけるキャッチコピー

ターゲットに明確に宣伝したいものを訴えかける簡潔で具体性のあるキャッチコピーも大切です。

no.3

電話番号や地図などの情報を入れる

興味を持った人がすぐにアクションを起こせるように電話番号や地図などの情報を入れることで集客につながります。

no.4

宣伝したいものに合わせた素材を使う

和風の店なら木材、モダンな店ならライトアップのおしゃれなものなど、宣伝したいものに合わせた素材を使うのが効果的です。

no.5

商品やメニューの値段を記載

価格や内容を記載することで価格帯が分かり気軽に店に行ってみようという安心感を与えます。

スタンド看板

飲食店や衣料品店を開業するときは、そこにお店があることを皆に知らせなければいけません。宣伝のためにチラシやホームページを作るのもよいですが、実際に訪れてきたくれた方のために看板を用意するようにしましょう。住所を頼りにきてくれても看板がなければ、『本当にここでよいのか』と思われて、お店の中まで入ってきてくれない可能性があります。もしも、これから看板を用意しようとしていて、何もデザインが浮かばないのなら、専門家に頼んでしまいましょう。どのようなイメージの看板にして欲しいのか伝えれば、それに合った形で作成してくれます。インターネット上で申し込める業者ならば、ウェブサイトがあって作例が載っているので、どのような看板ができるのかチェックできます。もちろん、デザインが自分で行えるのなら、原案を描いて渡せば忠実に再現してくれるでしょう。

看板の大きさや素材によって、かかる制作費はかなり異なるため、料金を知りたいなら見積もりを行いましょう。作るだけではなくデザインもやって欲しいのなら、そのことも伝えて見積もりをもらうとよいです。なお、お店の顔となる看板なのですから、デザイン案に納得できなかったときは、修正してもらいたいと考えるはずです。そのため、デザインも依頼するのなら、修正してもらうときの料金も確かめておきましょう。それは数回の修正は無料に設定されていても、一定回数以上は別途料金がかかる場合があるからです。なお、地面に置くタイプの看板ではなく、高いところに取り付けるようなタイプの場合は、設置代が発生するのも忘れてはいけません。自分で取り付けようと考えるかもしれませんが、素人では難しいですし、落下の恐れもあるのでやめたほうがよいでしょう。制作だけではなく、取付けも行ってくれる業者もあるので、別途頼むのが面倒なら一緒にやってくれるところに依頼しましょう。

広告募集中